スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京の秘湯 蛇の湯「たから荘」へ

日本秘湯を守る会「日本の秘湯」が東京にもあることを知り
ずっと気になっていました
そんな時ネットのお友達の はっちゃんが桧原村の「払沢の滝」をアップ
それを拝見し、行く気になり
幼な友達のタ○ネさんと桧原村の秘湯へ

新宿から立川で青梅線に乗り換え、拝島下車、そこから五日市線で終点
JR武蔵五日市駅から西東京バス数馬行きに乗って一時間、
終点数馬の停留所から坂を下り徒歩2分のところに目的の宿
「たから荘」がある

しかし、ネットで調べた通り終点ひとつ前のバス停で下車、ところが
付近には案内図も看板も無い、おまけに雨も降り出して・・・・
聞こうにも人が見当たらない!!
それなら・・・
控えてきた電話番号急いで入力し、かけたところ反応無し
何と!アンテナの棒が一本も立っていない圏外

坂の上に酒屋さんの看板が見えたので、そこで聞くことに・・・
上り始めたら遠くに「たから荘」の文字が目に飛び込んできました

その看板のすぐ反対側に兜作りの築500年の建物が
何と私達の目指していた「たから荘」だったのです

takarasou.jpg


秘湯と言うからには温泉は期待出来ても、宿は期待しないで出かけました
ところが一歩中に入ったら、太い柱に重厚な作りの玄関
通された部屋も清潔で広々、廊下もピカピカ

すでに用意されたお茶とお菓子の他に
甘酒に「蒸かしたじゃが芋に葱味噌付けて召し上がってください」と
こんなうれしいおもてなしが・・・

温泉も透き通って浸かった肌はすべすべに・・・
脱衣場もお風呂場も広くはありませんでしたが清潔で気持ちがいい

タ○ネさんと二人占めの温泉にゆっくり浸かって
体がポッカポッカ
丁度お腹も空いた頃、別の個室に通されての夕飯に叉ビックリ!!
takarasouyusyoku.jpg
takarasouyuusyoku2.jpg


数馬の里の旬の味覚、自然の恵みの食材を使って
心のこもった美味しいお料理の数々がお膳を飾っていました

焼きたて、揚げたて、打ちたて、温かいお料理はどれも熱々
冷やしたメニューは冷たいままに・・・
ご飯食べた後に、打ちたての冷たいお蕎麦が(量が多い)・・・
美味しすぎて満腹なのに完食(爆)
あ~動けない~





昨夜の雨もあがっていい天気!!雪もまだ融けないで残っていました
二人で朝寝坊して八時からの朝食に遅刻
昨夜と違って今朝は大広間、他に5人の宿泊客

どれもこれもが美味しくて、朝食もやっぱり食べ過ぎてしまいました
五目大豆の何と美味しいことでしょう
売っていたら孫に買って帰りたい!!
takarasouasagohan.jpg

帰りは始発の数馬バス停から11時5分発のバスに乗って
第二の目的地「払沢の滝」に行きました
harasawanotaki.jpg

はっちゃんのときと違い滝は全て融けていました
気温8度でした
宿で作ってもらったおにぎり弁当(ジュース付き)頬張りながらの休憩と滝見学です
座っていると寒くなってきました

バスの来る時間まで途中にあった、画廊喫茶で珈琲タイム

スギ花粉でくしゃみが止まらなく、くしゃみしながら帰ってきました(笑)

家に帰ってきたら、主人も孫達も風邪引いていて
私が帰ってきたら、叉明日から我が家へやってきます

まあ~私も秘湯で身も心もリフレッシュしてきたから
面倒みてあげましょう~

近いから交通費がバカ安
お弁当二食に、宿泊費にビール飲んで二万円で足りました
叉行くわ~~



« Previous Entry Next Entry »

「東京の秘湯 蛇の湯「たから荘」へ 」へのコメント

anzuさん♪

日本の秘湯を守る会の宿だけあって
お湯が良かったです

出されたお料理はどれも美味しくて
ヘルシーで品数も多く大満足でした

秘湯巡りのスタンプ帳にスタンプを押してもらう時、
「岩の湯」ばかりで驚かれました(笑)
三年間で10個のスタンプ集めれば
思い出の宿に一泊無料招待なのですが
あと一つ足りません(6月7日が期限)
なので帰りに予約してきました(笑)

東京にもこんなにいい所があったのですね。
温泉もよさそうだし、お料理も私好みでおいしそう。

ご自宅からだと3時間くらいかかっちゃうのかしら?
行ってみたくなる魅力的なお宿ですね。

遊さん♪

>その後皆様のお加減は如何でしょうか?
お陰さまで孫達の風邪は治ったようです
大人は子供のようには行きませんが、少しずつ良くなってきました

東京に秘湯?
あまりにも山の奥で、最初は信じられませんでしたが、宿の先には
都民森林公園もあり、やっぱりここも東京都なのだと実感しました(笑)

東京の端から端で時間がかかりましたが
ホッとしたい時や疲れをとるのには、もってこいの場所でした
ハイキングや渓流の散策、山菜採りも出来そうです
秘湯の上、お料理も美味しい宿でしたから、これからもちょくちょく
利用したいと思います



ちっちさん
その後皆様のお加減は如何でしょうか?
お疲れ直しにピッタリのお宿に行かれて良かったですね。
東京にもこのようなところがあるのですね。
山菜の頃はさぞかしと思ったら矢張り・・・

「新緑の頃はもっと素敵だろうな?、ハイキングもしたいな」
そう思ったら、叉訪れてみたくなりました ・・・

でもここからでは余りにも遠すぎる~~是非お出かけ下さい、山の物が一杯でしょうね

はっちゃん♪

はっちゃんのお陰でやっと念願が叶いました

やはり私の家からはちょっと遠かったですが
とても良い所でした
重い腰上げただけの事がありました(笑)

数馬の終点は払沢の滝からはまだず~と奥の山の上
三倍くらいの距離?はありそうです

「新緑の頃はもっと素敵だろうな?、ハイキングもしたいな」
そう思ったら、叉訪れてみたくなりました

払沢の滝も新緑に覆われ、冬とは別の顔で
私達を出迎えてくれることでしょう

孫達は風邪の治りが早く、夜には二人とも元気になりました
明日も子守です(笑)

MARUちゃん♪

>ちゃんとタンねーさんと落ち合えてよかったわ(爆)
こんな時に携帯があってよかったとつくづく・・・
>毎度、毎度、ちーねーさんは何かをやらかして楽しませくれるな~(笑)
今もってよくわかんないんだけど・・・
とにかくバスの時間には間に合ってよかったです
一時間に一本も来ない時間帯があるから・・・

秘湯と言われるだけあって、やっぱり山奥の山頂近くだから
ロケーションよし、お湯よし
そして出てくるお料理がこの上なし
MARUちゃん好みなら、今度案内しますよ

宿は渓流沿い、オッパーのお給仕だから
もう満点じゃったよ(爆)

行きましたね

ちっちさん、お出かけできて良かったわね。
バスの終点、数馬にあるのね?
払沢の滝からまだどの位奥に行くのかしら?
ずい分立派なかぶと造りのお宿ですね。
お湯も良さそうだし、お料理もおいしそう(^_-)-☆
スギはすごかったでしょ? 何だか見ただけでクシャミでそうでしたもの・・・
スギ花粉の納まる新緑のころに又行ってみたいなあ~

払沢の滝はさすがにもう凍っていなかったようですね(^_-)-☆

ご主人さまとお孫ちゃんのお世話頑張ってね\(^o^)/

ちゃんとタンねーさんと落ち合えてよかったわ(爆)
毎度、毎度、ちーねーさんは何かをやらかして楽しませくれるな~(笑)

しかし、ロケーションも秘湯ってのに相応しいけど
この料理!好みじゃわ~♪
温泉つかって、30代に戻って(あくまでも気分が)美味しいものを
たくさん食べたから、家族サービスにも精が出るねd(^-^)ネ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

「東京の秘湯 蛇の湯「たから荘」へ 」へのトラックバック

http://go26na24.blog9.fc2.com/tb.php/325-e0c692dc

プロフィール

ちっち

  • Author:ちっち
  • サザンオールスターズ大好きです
    美味しいものを食べること
    お出掛けや
    お喋りが大好き!
    ガーデニングにお料理

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

♪BGMをどうぞ

©Plug-in by PRSU

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。