スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリータイムは・・・

帰国する日は、朝から夜7時半までフリータイム
でも日曜日で殆どのお店はお休み

なので、ホテルから一駅のバスチーユマルシェへ・・・
日曜でも開かれるマルシェは最後の日のフリータイムにと決めていました

やっと晴れたので、バスチーユ広場までホテルから歩く
バスチューユ

マルシェはすぐそばにありました
食料品に調味料、花に衣類に雑貨、新聞に本、おもちゃまで揃って・・・
バスチューユマルシェ1
最初のフルーツやさんでオレンジを買う
ビニール袋に入れ始めたので、Aちゃんと親指立て思わず「アン、アン」と・・
通じたようで量りの上にはオレンジが2個・・・(爆)

言葉が分からないから、もう少しで㌔単位で買うことに・・・

流石パリ最大のマルシェ(地下鉄2駅分程もある)
ここにずっと居てもいいかな?と思うほど楽しくて面白い

新鮮なお魚屋美味しそうに焼いているチキンの丸焼き
食べたかったが、朝食を目一杯食べてきたので
別腹の空きがなく・・・(爆)
marusyerion.jpg
塩の香りを次々と嗅がせては盛り上がってた赤い服の自称「アラン・ドロン」のムッシュ
ここでハーブの香りの塩を買う
帰ってから早速使ってみたら目茶目茶美味しくて、もっと買えば良かったと後悔

トイレに行きたくなったので、通りを渡ってすぐのマックで休憩
コーヒーが日本より美味しい

次はノートルダム寺院へ
地図を見たら、歩いても行けそうなのでとりあえず道を訊ねることに・・・

散歩中のマダムとムッシュに地図を広げて指を指す
道が分かったのでカフェの前で写真を写して道を曲がろうとすると・・・

お二人が待ってらして、どうやら一緒に案内してくださるよう~
言葉が分からないので、どうしても遅れがちに・・・
ノートルダムへ
セーヌ川が見えてくればあとは川伝いに・・・
橋のたもとで親切なご夫妻とお別れしました

お腹が空いたので、そばの公園でパンを食べながら休憩
昨日の残りで作ったパンです
ふりーたいむぱり
休息後はセーヌ川の遊覧船に手を振ったり、僅かに開店中のお土産屋さんや
古本のお店覗いたりしながら、川岸沿いの道をノートルダム寺院目指す

ノートルダム寺院2010
ノートルダム大聖堂はすぐに見つかる
中に入ると・・・
パイプオルガンの音が・・・日曜日なので、ミサが開かれていました
外が晴れているので、ステンドグラスのバラ窓が一段と美しい~

...続きを読む

スポンサーサイト

ルーブル美術館

観光コース
最終日はバスでパリ市内車窓見学とルーブル美術館
いつも後ろでしたが、この日は一番前に
efferutou.jpg
エッフェル塔では下車して写真タイム
凱旋門の反対方角にはコンコルド広場が・・・
観覧車が回っていましたが、ちょ~早


最後はルーブル美術館へ
ルーブルの中
見覚えのあるものばかり・・・
モナリザは前と違って、ガラスの向こうに展示されて・・・
一番の人だかり
ミロのビーナスも人だかり
モナリザ
そしてお楽しみのあの絵・・・
戴冠式
ノートルダム寺院で行なわれた「ナポレオン一世の戴冠式」の一場面を描いたものですが
違いは前列、左から二番目の女性のドレスがピンクです

 見学の後はここで解散
さっそく下調べしたスポーツショップ店へ
Gくんから頼まれたサッカーシャツはフランス代表チームで背番号は12
選手名は「アンリ」
日本語の上手な20歳の青年に
今年のワールドカップ用のシャツに名前と背番号を入れてもらう
rido.jpg
夜はオプションで予約した方々と一緒にキャバレー「リド」でディナーショーへ・・・

パリに来たら、一度は行ってみたかったナイトショー「ムーランルージュ」
しかしAちゃんと二人きりでは不安なので
添乗員さんが一緒のオプション「老舗キャバレーリド」に加わる

店の場所は凱旋門の近くのシャンゼリゼ通りに面してところでした
地下鉄駅を上がると、店の前には開店を待つ人々が行列

上着を預けて(2€)席に着く
ショーの前に二人に1ボトルのシャンパン付きコース料理を堪能
三ツ星シェフのプロデュースのお料理に、冷えたシャンパン
舞台では生バンドで、金髪女性が歌って・・・

ディナーが終ってノリノリのミュージックが始まる
すると席を立った人達が舞台の前のフロアーに集まってディスコダンス?を・・・
誘われて、ついつい・・・
お蔭で一気に酔いが回ってしまった(激爆)

今まで前の席が邪魔でよく見えなかった舞台
いよいよショーが始まると、なんと
前の席全体の床が下がって、私達の席が一番良く観える席になりました

華麗なダンサー達のレビューの合間にはアイススケートやマジック
叉客を巻き込んだコミックショーで楽しみました

何といっても舞台装置が物凄い!

ほんの数分登場するだけなのに、舞台にいきなり噴水や滝が登場かと思えば
アイススケート場に早変わり仕掛けのあるピラミットなど次から次に・・・

ディナーが19時からスタートし、ショーが終わったのは23時30分
写真は禁止なので画像は店の入り口にある広告画面

いよいよ明日はフリータイム
続く・・・」

フォンテーヌブロー城とベルサイユ宮殿観光

午前中は王室や貴族の狩猟地フォンテーヌブローの森と城の見学でした

城正面の庭園には雪がまだ残っており、石畳の道もシャーベット状なので
雪を避けながら歩きました
fonte-ne.jpg
ベルサイユ宮殿は大理石造りで絢爛豪華
それに対して先に造られたフォンテーヌブロー城は重厚な木の造り
 裏庭は手入れの行き届いた庭園や森が・・・(ビデオに忙しく、写真撮らなかったようで・・・)


見学後は歩いて近くのレストランへ
fonteranti.jpg
楽しみにしていたパリでの昼食
フランスなのに盛り付けもこんなです
油がしつこくて残してしまう

それに比べ、アップルパイはとても美味しかった!


...続きを読む

モンサンミッシェルとオンフルールへ

ここのホテルは、朝食も色々あってどれも美味しい~
ハムの大きくて厚いのには驚きました。特に生ハムは凄かった・・・(笑)
本場のカマンベールチーズは本当に美味しかったです
monnsanntyousyoku.jpg
ヨーグルトの下にはオレンジのソースが・・・
あまりに美味しくて、次はさくらんぼのをもうひとつ
しかし、残念なことは野菜は、焼いたトマトだけでした(爆)


フランス唯一の巡礼地、「モンサンミッシェル」は二度目ですが
前のときは長雨で島の周り一帯水に浸かって、羊達も泥まみれに・・・

そして今回は、朝から小雨模様・・・
雪が積もっていて寒いせいか、羊は全く見当たらずでした

モンサンミッセルにはバスで堤防を渡って直接駐車場へ

昔は無かった堤防
便利ですが、環境が変わってしまい、島の周りに溜まった泥を波で洗い流せなくなり
島の周りに潮が満ちてこなくなってしまいました

元の状態に戻すため、今橋を架ける工事が行なわれています。
橋が出来上がったら、この堤防は壊してしまうそうです

島の入り口を入るとふわふわオムレツの発祥のお店
「プーラーレおばさん」の看板が目に留まる

修道院までの細い坂道や階段の参道沿いには、
お土産屋さんやレストラン、プチホテルが立ち並ぶ

大階段では、すっかり息が切れて「足腰元気でなくちゃ来られない」とつくづく思う
この階段を上った先には西のテラスがあり眺めがいい
でも行った時は雨だったので眺めはイマイチ
monnsanmissyerugazouimai.jpg
内部には迎賓の間、騎士の間、教会、礼拝堂に食堂が・・・
雨で寒い上、、暖房の無い室内を見学するので、だんだん体が冷え、手足も冷たくて、冷たくて((ρ゚∩゚) グスン


...続きを読む

なんちゃって親子のフランス旅日記

昨年12月、親友と三人で熱海の温泉へ・・・
のはずが、一人が来れなくなってしまいました
そこでAちゃん(一緒に行った親友のお嬢さん)を誘いました

ホテルでAちゃんが「ヨーロッパに行ってみたいが行く人がいない」の話から
私も「今ならなんとか行けそう~」
そこで一気に話がまとまってなんちゃって親子が出来上がり・・・

イタリアかフランスかで悩んだ末
モンサンミッシェル地区に宿泊し、主な見所の観光付きでフリータイムもある
フランスのツアーに決めました

大寒波のことを考え、服装に一番気を遣いながら成田を出発
エールフランスの直行便でパリへ
機内食はボリューム満点でとても美味しい~
つい食べ過ぎて・・・
その後、苦しくて苦しくて大変だった!!(後方に行って、整体で教わった体操をし、何とか治る)
norumanndeihe.jpg
12時間30分後、夕方のパリに到着
パリの気温は3℃でした。
ホテルに着きバスから降りると小雨が降り出し風もだんだん強くなって、メチャ寒いどころか激寒
「明日から一週間、この寒さの中での観光は大変!!」と心配になってきました

一夜明けると外は雪で真っ白に・・・
パリの雪景色見ながら高速道路で最初の観光地「シャトル」へ
途中、ドライブインで休憩

ユネスコの世界遺産に登録されているノートルダム大聖堂は聖母マリア様に捧げられた大聖堂
西窓バラ窓は直径14mで主題は「最後の審判」
バラ下のステンドグラスはキリストの受難、生涯、系譜の物語の絵
syarytorudaiseidou.jpg
内部の172窓のステンドグラスはほぼ13世紀のままの姿
そのステンドグラスから、青く幻想的な光が・・・これが「シャトルのブルー」と言われている

左のステンドグラスが一番有名で
特に中央のマリア様の薄いブルーの色が他と違って貴重なのだそうです


見学の後はシャーベット状の雪道を徒歩でレストランへ
飲み物の注文
フランスでもジュースやミネラルウォーターがワインより高いのですね
シャルトル
赤ワインをウエーターさんにこぼされて、私とAちゃん洋服に飛び散る
二人とも代金は無料に・・・



...続きを読む

ただいま~

今夜7時半過ぎ、フランスから無事帰ってきました

着いた翌日は雪景色、それからは小雨や曇り空
そして最終日やっと晴れて太陽も・・・

激寒を覚悟で出発しましたが
私達の旅した一週間は、大寒波の合間で、現地ガイドさんいわく
「まるで春が来た様~」とのこと・・・
cats.jpg

フリータイムもありましたので、
パリの旅、Aちゃんと満喫してきました


用事が片付いたら、ボチボチアップしたいと思います

フランス三日目

20100116011513
20100116011511
午前はフォンテンブロー城の見学をし
午後からはベルサイユ宮殿へ
鏡の間に1番長く居ました

フランス二日目

20100115095554
20100115095551
小雨降る中、モンサンミッシェルの見学しましたが、階段ばかりなので、息が切れて苦しかったです。

あと港街のオンフルールにも行き、木組みの教会の見学に街の散策を楽しみましたました。

夜パリに戻りましたが、夜景がとても美しく、エッフェル搭のスーパーイルミネーションは以前来た時よりキラキラビカビカが更に綺麗で感動しました

雪のパリ

20100114051822
雪はめったに降らないパリですが、朝起きたら一面銀世界でした。
ホテル到着時の昨夜の寒さは雪が降る前だけあり、半端じゃなかったです。
フランス一日目の観光は、は青のステンドグラで有名なシャルトル大聖堂でした。
午後になると青空も出始めモンサンミッシェルのあるノルマンディ地方へ
モンサンミッシェルの見えるホテルに宿泊し、明日見学します

行ってきま~す

20100112105734
親友のお嬢さんとパリにです-〓

お鮨はやっぱりこれ!

おすし屋さんのこの湯飲みが欲しくて・・・・
yunomi.jpg
松の内の昨日、今年初めての出前を・・・

息子の家ではNちゃんがカレーを作っているので、お鮨はパス


特上ちらし
主人は下の段が好みです(笑)
inazusi210.jpg
二人だけでは多すぎなので、母にも手伝ってもらいました
zyouzusi.jpg
上ちらしでも大満足

...続きを読む

お節には飽きても・・・

お鮨にお刺身は毎日食べても飽きません!

ostinoatonosasimi.jpg
近所の下町のお料理屋さん、お正月休みが終了し
昨日から開店

お刺身は新鮮、お料理も、お鍋もどれもが美味しくてボリューム満点
しかもリーズナブル
お通しぎんわりふぐ

歩いて行かれるのでお酒もOK(笑)

我が家は大人も子供もここのお店が大のお気に入り
ぎん勝つ卵焼き

明けまして(*(^○^)お!(^□^)め!(^◇^)で!(^▽^)と!(^・^)う! ☆ございます

更新もマイペースの拙いブログですが
今年も宜しくお願い致します
sinnnennka-d02010.jpg


喪中続きで今年は3年ぶりに迎えた「謹賀新年」
お雑煮食べながら主人と健康の幸せを噛み締めました

元旦、郵便受けに届いた年賀状の束も久々です



作りすぎた焼豚
子供達に無理やり持ち帰らせてもまだ残っています
ついつい、食べてしまって恐ろしい!!
だが、ハッと我に帰り、箸を引っ込める(爆)
大晦日のダイエット番組に感謝(笑)
yakibuta2009dekita.jpg

ネットで注文のおせち
2009oseti1.jpg


こっちは近所の手作りおせち
31日の夕方に出来上がって受け取りに行きます
2009oseti2.jpg
孫達も成長し、注文のおせちだけでは足りまいと
黒豆、出し巻き玉子、野菜の煮物に、天ぷらも山のように揚げてしまい
はっきり言って
作り過ぎに、頼み過ぎ
ショッキングなダイエット番組に
87歳の母までも抑え気味に食べるし、
いつも食欲旺盛なG君までが、昼に親戚のところで美味しいものどっさり食べ過ぎてお腹一杯~

冷蔵庫にも満タンに食材あるし、どうしましょ~

来年はもうすこし減らすことに・・・

プロフィール

ちっち

  • Author:ちっち
  • サザンオールスターズ大好きです
    美味しいものを食べること
    お出掛けや
    お喋りが大好き!
    ガーデニングにお料理

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

♪BGMをどうぞ

©Plug-in by PRSU

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。